会長 ご挨拶

この度のクラブ・ユース・フォーラムを終えて、細田佳洋子会長から当日の開会挨拶の原稿が届きました。クラブ・ユース・フォーラム開催への会長の意気込みが感じられます。「原稿原文のまま」お届けさせていただきます。

『 皆様 こんにちは!
新緑が美しく、新しいエネルギーを感じる季節となりました。
本日、「国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川 クラブ・ユース・フォーラム 2019」を開催させて頂く運びとなりました。 私共のクラブと致しましては、久しぶりの開催となります。

本日、審査をして下さいます岸田先生、また、ご参加二校の先生方には、私共クラブの活動を理解して頂き、ご協力下さいまして、心より感謝申し上げます。岸田先生は、和歌山県教育委員会 学校教育局長を永年勤められ、和歌山県立桐蔭高等学校校長を歴任され、現在 大阪体育大学教育学部教授をなさっています。本日は、よろしくお願い申し上げます。

さて、今回のテーマは『20年後のあなたと対話する』であります。
近年、世界各地でのテロ事件、ミサイル発射実験と「平和」からはほど遠く、メディアからの報道を目にするたび、大切な命が失われる中「平和」への意識も高くなっていると思います。そして日本では5月、元号も令和へと変わり、新たな時代に期待されている事も数多くあると思われます。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、スポーツ界だけでなく、色んなジャンルで「平和の祭典」の成功に向け活動されています。

この新しい時代に、高校生の皆様方が、20年後の自分を想像したり、逆に今をどう生きるか ! を考え、自分に問いかけ 対話するちょうどいい時期なのではないでしょうか。

今回、クラブ・ユース・フォーラム 2019 の小論文募集に際して、多数の応募を頂き、今回ご出席の14名の方々が書類選考で残られました。ご出席の皆様には、自信を持って自分の思いを言葉にこめ、小論文を発表して頂きたいと思います。 私達も皆様の発表を聞かせて頂くのを、楽しみにしております。その後のフリートーキングでは、岸田先生にコーディネーターもお願いしております。皆様には活発な意見交換をしていただけるものと期待しています。

最後になりましたが、「国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川 クラブ・ユース・フォーラム 2019 」にご後援頂きました 和歌山県、和歌山県教育委員会のご協力に感謝申し上げます。今日の「クラブ・ユース・フォーラム 2019 」が、皆様方にとって有意義なものとなる事を願いまして、開会のご挨拶とさせていただきます。』(原文)