図書館をたのしもう!

和歌山市民図書館が2020年6月に知性と感性を磨く場としてリニューアルオープンされました。
ここに2019年12月開催のチャリティコンサート&バザーの収益金から開館を記念いたしまして、子どものためのフロア 4階 子ども図書館にかけ時計を、子どもたちが元気に遊ぶ姿を見守りながらティータイムを楽しむことができるテラス席がある屋上芝生の広場に屋外太陽電池式時計を寄贈させていただきました。

次代を担う子どもたちの支援は私たちの継続奉仕活動の一つですが、このたび市民図書館の開館に時計をお贈りするという素晴しいチャンスをいただけたことはSI和歌山紀ノ川にとりましてうれしいこととと思っております。 「えほんの山」イベントスペースや子ども図書館で遊びながら楽しみながら本に出会い、聴く、読む、理解する、表現する・・いろんな力を身につけて、遊びながら、学びながら、心豊かな人に成長してもらいたいと願っております。

2020年9月30日 和歌山市役所市長室に於きまして贈呈式が行われ、宮本安津子会長より目録を贈呈し、尾花正啓市長より感謝状を頂戴いたしました。

教育局長のお話「時間を忘れてくつろいでもらうということで新しい図書館には時計をおいてなかったが、子どもの教育 小さい子どもが時計を見て時間を読むのも教育の一つと考え、子どもがたくさん集まる4階と屋上に時計をしたらどうかなぁと市とクラブ 双方で時計に決めました。建物のデザインのこともありますので、ものの選定は市にお任せいただいた」と報道へのご説明がございました。
最後に懇談「たくさんの本にかこまれて。ただ今、一日 3000人の来館者があり、子どもたちもたくさん来ています。時計を活用させていただきます。ありがとう」と尾花市長からお言葉をいただきました。記念撮影で行事を終わりました。