留学生 湯浅町へ

6月17日(日)毎年恒例の留学生交流会は、参加者は和歌山大学とYMCAで学ぶ留学生の皆さん、Sクラブ貴志川高等学校生徒会の生徒さんとSI和歌山紀ノ川会員あわせて49名でお醤油発祥の地湯浅町に出かけ楽しみながらお醤油の歴史と作り方を学んでまいりました。
まずは、お醤油独特の香りが漂うなか学生たちは トッピングとしてお醤油をふりかけていただくお醤油味のソフトクリームを楽しみました。
しょうゆ蔵工場を見学、お醤油の歴史と製造工程を学びました。

お醤油づくりで重要な作業「かい入れ」を体験。
お醤油をかきまぜる作業の体験、「かい入れ」をすることにより空気をおくり込み酵母の発酵を助け自然な甘みをひきだし、丸大豆の風味たっぷりまろやかな味わいのお醤油が出来上がりです。留学生たちは「おいしくなぁれ!」と言いながら「かい入れ」を体験いたしました。
場所をかえまして和気あいあい昼食をいただきました。留学生の皆さんに自己紹介と各々のお国自慢の、お気に入りの調味料を紹介していただきました。そのなかから紹介します。

・陳 逸蓁さん フルーツ酢の紹介。
「旬のフルーツでオリジナル果実酢を作ってください。」
・李 雅芬さん 台湾の万能調味料、スイートチリソース「甜辣醬」を紹介。
 ・HERMANNさん GABONESE CUISINE(Odika Spice)を説明
 ・黄 裕明さん 台湾の調味料、塩辛いお味噌「豆瓣醤」を紹介です。
最後に貴志川高等学校の生徒さんから「留学生って、どんな国の人達が来るのかな、お話をしたいなぁ と思って参加しましたが、スポーツのことなどいろいろとお話ができてうれしかったです。」と感想をいただきました。
初めて聴く調味料やお料理にお国柄を教えていただき、楽しいひとときを共に過ごしました。

青少年国際交流センターに望遠鏡を寄贈

和歌山加太の青少年国際交流センターにSDレンズを搭載した天体望遠鏡を寄贈いたしました。5月22日和歌山市長室に於きまして目録の贈呈式が行われました。
「青少年国際交流センター」は 平成28年1月に閉所した加太少年自然の家の跡地に建設中です。

寄贈に寄せて  国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川会長 谷口令子

私たちクラブの今期のテーマ「子どもたちの笑顔がみたくて!」を掲げ、昨年末に
“チャリティバザー&うたとピアノのコンサート” を開催いたしました。その収益金から、和歌山市立青少年国際交流センターに追尾式天体望遠鏡一式を寄贈させていただきました。贈呈式にあたり尾花市長と市役所の方々の様々なお心遣いに感謝いたします。市長室ではその望遠鏡で観測可能な数々の天体写真の展示パネルの出迎えも受け、会員も感嘆しながら見入りました。この青少年国際交流施設は加太の眺望が素晴しい高台に立地し、夜空の天体観測に最適地です。子どもたちが天体望遠鏡をのぞきながら、宇宙や未知の世界に夢を馳せ、彼らに未来を語り合うひと時がもたらされることを願っています。

Sクラブ 

2011年に私たちSI和歌山紀ノ川が貴志川高等学校生徒会を「Sクラブ」に認証いたしました。それ以来、支援を続けてまいりました。今年度も5月例会に校長先生をお招きいたしまして谷口会長から生徒会活動支援金をお贈りしました。

校長先生は「貴志川高等学校は、発展途上国の医療支援などに役立つペットボトルキャップ回収運動に力を注いでいます。地域住民、全校生徒の協力を得て、今年度は65万個を回収しました。」と話されておられました。紀ノ川の会員も知人にお声がけするなど回収に協力し、まとまれば学校にお届けするようにしております。
一例としてキャップ860個でポリオワクチンを一人に接種することができます。
毎年回収個数の記録を更新中とのこと。

貴志川高等学校生徒会活動としてその他に児童、障害児者の施設訪問、絵本の読み聞かせ活動、通学路の清掃を行っています。若者の発想力、実行力を頼もしくうれしい思いで見守っています。


「Sクラブ」
私たちがスポンサーとなり 学校や地域に何か役立ちたいと考えている高校生の活動を支援します。

こども食堂「こ・はうす きしがわ」

4月20日 4月例会に於きまして「子ども支援ネットワーク  こ・はうす  きしがわ」に支援金を贈呈させていただきました。

NPO法人和歌山子どもの虐待防止協会の家本めぐみさん、和歌山大学特任助教の藤田恵理子さん、タドルわかやま赤井美佐子さんが出席。
「こ・はうす きしがわ」は子どもの人権を守る活動を行う「toddle(タドル)わかやま」が運営されています。「タドルわかやま」ではトリプルP(前向き子育てプログラム)CAP(子どもへの暴力防止プログラム)子どもたちが安心安全に育つために必要な環境を育むプログラムを実施しています。
その活動の一環として支援を必要とする小中学生を対象に、食事の提供、学生ボランティアによる学習指導、いっしょに遊んだり、と 子どもたちに安心できる温かい居場所を提供しています。
このように子ども達のため活動する彼女たちに支援金の贈呈をいたしました。

ボール遊び

3月29日「海南市地域子育て支援センターみらい」に会長、理事会メンバーが出向き
子どもたちに楽しく遊んでもらいたいと  “ ボールプール ” をお贈りしました。   ボールプールは楽しく遊ぶなかで 協調性が養われ、運動神経の向上に役立つと言われています。大きいボール、小さいボール、カラフルなボールの中で子どもたちが元気に夢中になって遊び、元気に豊かに成長していく様子を想像しながらプールいっぱいにボールを入れました。
私たち、SI和歌山紀ノ川の会員は「子ども同士、みんなで仲良く ボールとの遊び方をいろいろ考え 想像力を身につけてくれたら・・・」と願っています。

谷口会長より神出海南市長に目録を贈呈。感謝状をいただきました。

 

2017年度クラブ賞贈呈式

国際ソロプチミスト 中央リジョン リジョナルプロジェクト
・女子学生院生・女子大学生奨学金給付 に 小倉理沙さんを推薦応募
・専門学校女子学生資格取得支援金給付 に 中谷文音さんを推薦応募
いたしました。残念ながら中央リジョンでの賞を逃しましたが三月例会に於きまして、SI和歌山紀ノ川の会員が温かく見守るなか、前途洋々さわやかな学生たちにクラブ賞を贈りました。

受賞に際し、お二人からひとこといただきました。
🌸 女子学生院生・女子大学生奨学金給付 クラブ賞受賞
和歌山県立医科大学保健看護学部 2年 小倉理沙さん

「将来の勉強のために大切に…」と小倉理沙さん

🌸 専門学校女子学生資格取得支援金給付  クラブ賞受賞
和歌山市医師会看護専門学校 1年 中谷文音さん

「支援してくださる、先生、家族、友達に感謝。しっかり勉強します。」と
中谷文音さん

輝く若い彼女たちにこれからの努力の成果の報告を聞かせていただくことを
楽しみにしています。

 

出前授業「幸せの三要素」 

まず 講演に先がけて会長挨拶のなかから ご紹介。
こんにちは。3月に入り草木が一斉に芽吹き始めました。草木以上にのびのびと快活で間も無くセブンティーンを迎えられる皆様にお会いすることができて嬉しいです。
私たちのクラブ SI和歌山紀ノ川の会員は現在26名です。近年は「女性と女児のためのサポート」を主な活動目標の一つとしています。昨年10月には信愛高校の2年生を中心に開催されました「ポスターセッション」を拝聴させていただくためにこちらへ参りました。その時に皆さん方が将来の職業や働き方、生活全般においての夢や目標の他、それらの実現化への課題など問題意識を持っていらっしゃることを感じました。今日の講演会の演題「女性の社会進出に関わる諸問題」、ソロプチミスト和歌山紀ノ川の「出前事業」と申し上げると少々かたっ苦しいですが、今をハツラツと歩んでいらっしゃる一先輩女性からのお話をお聞きください。
その先輩女性は、小田恵子さんです。小田さんは現在「局アナnet株式会社」の代表取締役をなさっています。大学を卒業されてから10年間程アナウンサーやディレクターをされていました。兵庫県の出身です。そして4人のお子さんのお母様です。皆さん方の若いおばあさんが私たちならば、小田さんはお母様ぐらいかしら?っと思います。 ­­
信愛高校の先生方、今日は学年末のお忙しい中、このような講演会の場をセッティングしていただきまして、紀ノ川クラブ会員一同深く深く感謝を申し上げます。それでは、和歌山信愛高校の1年生の皆様と共に講演を聞かせていただきましょう。小田様、よろしくお願いいたします。
以上。

 

夢を拓く(女子中高生のためのキャリア・サポート)講演会を提供する活動のご報告です。テーマ「女性の社会進出に関する諸問題について」講演会開催の計画をいたしました。
3月15日 講師に小田恵子氏をお迎えして、和歌山信愛高等学校1年生  250名を対象に出前授業 テーマ  ” 幸せになること ”  を講演していただきました。
未来の「働き方」「生き方」をイメージしよう!!。小田氏の思う「幸せの三要素」は・家族愛・健康・心の平安と紹介。他人と比べないで自分なりの生き方「幸せの三要素」を実現するまで、遠慮しない自分をつろう。と 生徒たちに語りかけました。
元アナウンサーらしく「感情豊かに一つの単語も発声によって相手に気分よく伝えることができる。」と、イメージや感情をうまく表現できる発声方法を伝授していただきました。
最後に「女の一生は あっという間 遠慮なく幸せになってね!!」とメッセージを下さいました。
はつらつと話す講師 実直に聞き入る生徒たちの姿に感激しながら、講演会の成功に安堵しながら、SI和歌山紀ノ川の会員も聞き入りました。

講演会終了後、 和歌山信愛女子高等学校 GAC(Global Activity Club)に活動支援金を
贈呈いたしました。
GACは発足して3年目のクラブ。カンボジアの子ども達に教育支援活動を行っている。

 

全会員出席の新年会

1月24日 2018年度親睦新年会を開催いたしました。
和歌山・奈良を拠点に活動しているクラシックギタリスト金谷幸三さんをお招きしました。会員の年齢を考慮、選曲して下さり、私たちには、懐かしい「禁じられた遊び」「日本の童謡」など盛りだくさんに聴かせていただき,ゆったりと楽しい時間を過ごしました。

スピーチコンテスト

12月16日 和歌山で学ぶ留学生を対象としたスピーチコンテスト、和歌山大学クロスカル教育機構国際学生部門主催 第15回学長杯「留学生による日本語スピーチコンテスト」が基礎教育棟で開催されました。今回は12名の留学生が参加.。和歌山に来て以来上達した日本語を駆使した青春真っただ中のスピーチを SI和歌山紀ノ川の会員は聴かせていただきました。”  若いって素晴らしい!。”    私たちは、このスピーチコンテストに微力ながら協力させて頂いております。継続して行われることを望んでおります。(ホームページ委員会)


以下は参加会員のコメントです。
『優勝はネパールからの留学生、近畿大学生物理工学部2年生の男子学生のマハラジャン プラディブさんの「自分探しの旅」が選ばれました。関西弁「やってみなはれ」についての話が印象的でした。2位は中国 内モンゴルからの和歌山大学男子学生で「言の葉を集めて」日本に来て7年目の流暢な日本語が印象的で日本語独特の美しい言葉についての話をされました。3位はベトナムからの和歌山大学の女子学生「私の光」小さな妹を思う気持ちを話されました。その他3名の方にも特別賞等が授与されました。  参加者12名全員の素晴しいスピーチに沢山の感動をもらいました。』  (黒田)

第12回チャリティーバザー

2017年12月6日 ホテルアバローム紀の国に於きまして今期のクラブテーマ「子どもたちの笑顔がみたくて!」のもと「チャリティバザー&うたとピアノのコンサート」を開催しました。
バザーでは、ご来場の方々に喜んでいただけるようにと会員がそれぞれに持ち寄りました格安の値段をつけた品々が一番の人気。協賛店出品の食料品、雨傘、婦人服、
おしゃれ小物のお店では品選びを楽しんでいる様子。

国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川 ” うたとピアノのコンサート ” 開演。
出演  ♪ 立原ちえ子  ♪ 宮下直子

あたたかい感動のコンサート。女性の心に響いた感激のコンサート。

ご来場の方が「きれいな歌声を聴かせていただきながら、活動のお手伝いが出来るのですネ。ちょっとオーバーかしら。」と笑顔で話して下さいました。

今回のバザーとコンサートを成功裡に終えることができましたこと、皆様に感謝申しあげます。 SI和歌山紀ノ川会長 谷口令子