スピーチコンテスト

12月16日 和歌山で学ぶ留学生を対象としたスピーチコンテスト、和歌山大学クロスカル教育機構国際学生部門主催 第15回学長杯「留学生による日本語スピーチコンテスト」が基礎教育棟で開催されました。今回は12名の留学生が参加.。和歌山に来て以来上達した日本語を駆使した青春真っただ中のスピーチを SI和歌山紀ノ川の会員は聴かせていただきました。”  若いって素晴らしい!。”    私たちは、このスピーチコンテストに微力ながら協力させて頂いております。継続して行われることを望んでおります。(ホームページ委員会)


以下は参加会員のコメントです。
『優勝はネパールからの留学生、近畿大学生物理工学部2年生の男子学生のマハラジャン プラディブさんの「自分探しの旅」が選ばれました。関西弁「やってみなはれ」についての話が印象的でした。2位は中国 内モンゴルからの和歌山大学男子学生で「言の葉を集めて」日本に来て7年目の流暢な日本語が印象的で日本語独特の美しい言葉についての話をされました。3位はベトナムからの和歌山大学の女子学生「私の光」小さな妹を思う気持ちを話されました。その他3名の方にも特別賞等が授与されました。  参加者12名全員の素晴しいスピーチに沢山の感動をもらいました。』(黒田美智子)

第12回チャリティーバザー

2017年12月6日 ホテルアバローム紀の国に於きまして今期のクラブテーマ「子どもたちの笑顔がみたくて!」のもと「チャリティバザー&うたとピアノのコンサート」を開催しました。
バザーでは、ご来場の方々に喜んでいただけるようにと会員がそれぞれに持ち寄りました格安の値段をつけた品々が一番の人気。協賛店出品の食料品、雨傘、婦人服、
おしゃれ小物のお店では品選びを楽しんでいる様子。

国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川 ” うたとピアノのコンサート ” 開演。
出演  ♪ 立原ちえ子  ♪ 宮下直子

あたたかい感動のコンサート。女性の心に響いた感激のコンサート。

ご来場の方が「きれいな歌声を聴かせていただきながら、活動のお手伝いが出来るのですネ。ちょっとオーバーかしら。」と笑顔で話して下さいました。

今回のバザーとコンサートを成功裡に終えることができましたこと、皆様に感謝申しあげます。 SI和歌山紀ノ川会長 谷口令子

最終地区大会

2017年11月21日(火)シェラトン都ホテル大阪で地区大会が開催されました。
出席クラブ数45クラブ。出席者総数570名(第Ⅲ地区49クラブ1028名登録)
SI和歌山紀ノ川から 地区大会出席会員は23名でした。
大会議事日程のなか
研修事項 これからのソロプチミスト ~時代の変化に合わせて~
1.これからのソロプチミスト
2.今、私たちのクラブは!
3.クラブ運営のチェックポイント
4.その他
身近な課題の研修会プログラムでした。

私たちのクラブにとりましてリジョン ユース フォーラムへの参加が今後の課題ではと思いました。(ホームページ委員会)

子どもたちの笑顔がみたくて!

” 国際ソロプチミスト和歌山紀ノ川 第12回 チャリティバザー”  のお知らせです。

バザー会場では 婦人服、婦人雑貨、食料品その他 いろんな出店をぶらぶらお楽しみください。

お買い上げいただきました食料品は 2 階 ” 龍門 ” でお召し上がりいただけます。
お昼食 ・ティータイムにご利用ください。

 ”  うた と ピアノ の コンサート “ 同時開催いたします。

日 時  :  2017年12月6日 15:00~16:00
場 所  :  アバローム紀ノ國 3階 孔雀の間
入場料 :  2,000円
出演
♪ 立原 ちえ子 (ソプラノ 声楽) 東京音楽大学 准教授
♪ 宮下 直子  (ピアノ) 相愛高等学校  ・大学 ・大学院 講師
よろしくお願い申しあげます。

お楽しみいただけますひとときと存じます。ご多忙のことと存じますが、お誘いあわせの上ぜひお出かけください。 会員一同 お待ち申し上げております。

🌸この度の「チャリティーバザー&うたとピアノのコンサート」収益金はクラブのご奉仕活動に使わせていただきます。

クラブ賞贈呈式

10月例会に於きまして、2 団体にクラブ賞を贈呈いたしました。

社会ボランティア賞 受賞おめでとうございます
11月17日(金)パシフィコ横浜 「国立大ホール」で 開催されますソロプチミスト日本財団平成29年年次贈呈式におきまして、私たちSI和歌山紀ノ川推薦の 「和歌山県障害者支援赤十字奉仕 拡大写本グループあかり」 が 社会ボランティア賞を受賞されます。視覚障害を持つ子どもたちが楽しめる拡大写本つくり、布絵本作成の活動歴40年のグループです。財団表彰に先がけまして10月例会に於きましてクラブ賞を贈呈いたしました。
援助事業に推薦いたしました 「つれもて和歌山」 にクラブ賞を贈呈しました。

「つれもて和歌山」 代表者山崎氏の活動報告からのご紹介です。
「つれもて和歌山」が 12月3日 ジストシネマ和歌山 におきまして第6 回 バリアフリー映画上映会を主催されます。視覚障碍者のため、聴覚障碍者のために楽しめるよう、工夫を凝らした映画の上映だそうです。
SI和歌山紀ノ川は障害者のためにさまざまな楽しい企画を実行されます 「つれもて和歌山」 の活動を応援しています。

子どもたちの笑顔がみたくて!

2017年度第1回(9月)通常例会開催。新理事会メンバーのもと2017年度のスタートです。

谷口令子会長、会員に挨拶。


新たな年度、紀ノ川クラブの26年目のスタートです。
やはり9月半ばにさしかかりますと、秋の風になりました。
前半の大きな活動、今期はチャリティバザーの開催の年です。12月、全員参加で皆様のお力を注いでいただきたいと思います。これまでの11回の貴重なご経験のもとに、継続可能なバザーのあり方を考えながら 新たな工夫を試みていただきたいと思います。ごくありきたりな言葉ですが 「いつからでも、どんな形からでも始められる」のが 「ご奉仕」 だと思います。 しかしやはり時の流れ現況に沿った奉仕活動であらねばと思います。試みながら、見直しながら、奉仕プログラム分野、それを支えていただくテクニカル機能分野で今年度の活動計画が遂行されますように、快活な委員会活動がなされますよう、それが紀ノ川クラブの奉仕活動であることを願います。どうか会員皆様がお持ちのご指導力と底のお力のご協力をいただけますようお願い申し上げます。

今期のクラブテーマは 「子どもたちの笑顔がみたくて!」 です。

ホームページ小委員会から
谷口令子会長のもと平成29年度の活動がスタートいたしました。認証以来、微力ながら数々の奉仕活動を行ってまいりました。私たちのクラブ活動が更に30年、40年と継続できるよう祈念しながら、今後も “ SI和歌山紀ノ川 ” の活動のご報告に努めてまいります。                                                      ホームページ小委員会 波木 敬子

活動資金支援を継続して

9月1日
2017年度第1回理事会委員会合同会議を開催しました。
私達、SI和歌山紀ノ川は日本赤十字社和歌山県支部に事業資金を1997年から毎年お届けしています。この寄付に対し、赤十字社より感謝の意を表し 「金色有功章」 を届けてくださいました。
寄附金は、災害発生時の医療救護活動、医療資材の調達、救援物資の調達、医療チームの訓
練  教育、地域での様々な講習会開催などに役立てられます。
谷口令子会長は「今後も社会に役立つ活動に会員とともを取り組んでまいります。」とご挨拶。

            山本事務局長から記念の盾を谷口令子会長へ

 

委員長からのご報告

ご報告
平成29年度ソロプチミスト日本財団顕彰・援助事業の推薦応募にあたりまして、比較的早い時期から取り組みました。社会ボランティア賞には拡大写本 「グループあかり」、活動資金援助には「つれも手和歌山」 を推薦させていただきました。「グループあかり」 は活動歴38年にも及び、障害者の為の手作りの絵本や動物のぬいぐるみ等、地道な手作業を続けられて盲学校や県立図書館へ寄付されています。又「つれもて和歌山」は代表者 山崎氏自身も中途失明という障害を抱えながら、視覚障者支援団体を高齢者も一緒の外出イベントの催し、又音声ガイド付き映画上映会の開催等幅広い活動をされています。
この2つのグループのお話を伺うたびに頭の下がる思いで、奉仕の尊さの言葉をまざまざと実感しました。
そして又9月1日付でソロプチミスト日本財団から 「グループあかり」 の社会貢献賞受賞のお知らせをいただきましたことも併せてご報告したいと思います。
ソロプチミスト日本財団委員長 池田素子

2016年度  終了

2017年度にむけてスタート 会長引継式
2016年の奉仕活動を恙なく終えることが出来、会員一同安堵の例会となりました。
川端美恵子会長から谷口令子2017年度会長へと引き継がれました。
川端美恵子2016年度会長から 「課題を達成して終了できますこと理事会一同感謝
申し上げます。」
とご挨拶がありました。
谷口令子新会長は 「国内外の女性や子ども達に、多くの 「笑み」 がもたらされることを願い、濃やかな奉仕を志し、鋭意努力する思いでございます」 と抱負を述べられました。
8月末までそれぞれ残務がありますが、新会長から次年度委員会構成が発表され、受け取った会員たちには 「うん!頑張ろう!」 の表情を感じることができ、わがクラブ会員の心意気を頼もしく思いました。
例会での報告事項
ソロプチミスト日本財団委員会
日本財団委員会は今期 ・顕彰事業 ・援助事業に二つの団体を推薦応募いたしました。
🌸援助事業
ソロプチミスト日本財団活動資金援助に 「つれもて和歌山」 を推薦
「つれもて和歌山」の代表者 山崎氏自身も中途失明という障害を抱えながら、視聴覚障害者の外出を応援、支援しています。障害のため引きこもりにならないよう、さまざまな楽しいイベントの企画を行っています。
🌸顕彰事業
社会ボランティア賞 「グループあかり」 を推薦
「グループあかり」は視覚など障害を持つ子ども達が楽しめる拡大写本や布製の絵本、動物のぬいぐるみなどを、温かい気持ちで手作りして、盲学校、施設や県立図書館に寄贈するなどのボランティア活動をしています。

                                     「グループあかり」の皆様そして作品です。

「ダメ。 ゼッタイ。」普及運動


「覚醒剤、大麻、危険ドラッグなどの薬物乱用をなくそう!」

 

 

 

 

 

平成28年度薬物乱用防止啓発ポスター高校生の部最優秀作品
和歌山県立和歌山ろう学校 下村 侑未さん

6月26日は「国際麻薬乱用撲滅デイ」です。これに先がけて、6月14日 JR和歌山駅周辺で行われました 和歌山県薬務課主催 街頭キャンペーンに参加しました。
この活動は私達クラブの恒例事業です。